2012年12月18日

家族の借金の悩みについて

家族の借金で困っているという人はいませんか。
夫の浪費グセでローンが返せなくなり、家庭が崩壊してしまいそうだとか、妻がカードでショッピングをしすぎて毎月のリボ払いが大変なことになっているなどというとき、困ったときには司法書士などの債務整理の専門家に相談するのが一番だと思われます。
金融会社からの借金は、すぐに利息がついていき、とんでもない額になるから、早めに手を打っておかないと大変です。
夫婦の場合、借金が離婚の原因となることも非常に多いです。債務が増えていき、事態が悪化する前に、何らかの対処をした方がいいでしょう。
夫が総量規制(個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される規制)に引っ掛かって借金ができないからということで、奥さんが名義貸しをして借金をしたりすると、さらに事態は悪化します。また、親族や友人を保証人にしたり、自宅や実家を担保にして借金をすると、取り返しのつかないことになりかねません。
「保証人に迷惑がかけられないから自己破産できない」とか、「担保に入れた実家を手放すわけにはいかないから自己破産できない」など、このような理由で法的整理を避ける方が多いです。このような事態とならないためにも、人をまきこんだり不動産を担保に入れたりする前に、専門家に相談しましょう。
債務の問題は、家族に内緒で進めたいという方も多いですが、お勧めできません。借金が増えていく原因として、家計がどんぶり勘定になっていて、正確に把握されていないということが多いのです。家計を正確に把握するためには、家族全員で協力することが必要となります。家族で協力して、家計をきちんと把握し、無駄な支出がないかなどを検討しなければ、債務の問題は解決できません。

2012年12月 4日

不動産業を営む友人の債務整理


私の友人は不動産業を個人で営んでいます。
不動産業というのは事務所と資格(宅地建物取引主任者)さえあれば独立して営むことができるということです。
友人はそれまで就職していた不動産の会社から独立して、個人経営をしていました。
不動産業はひとつ契約が取れれば半年間分の収入になるというくらい一つ一つの契約が大事だそうです。
事務所を構え張り切って仕事をしていたのですが、入ってくるはずの契約がなかなかうまくいかずに資金繰りが悪化していきました。
とうとう4年目になっても利益が出ずに、借り入れがかさむばかりになってしまいました。
債務整理をして、また違う不動産会社に就職して一からやり直そうと、司法書士の先生を探したそうです。
司法書士では無料の相談窓口を設けていて債務整理のことを教えてくれるのです。
司法書士事務所でアドバイスを受け、自己破産をすると宅建業の許可に影響があるということで、任意整理という手続きを選び再びやり直す計画を立てました。
早めに相談したことが功を奏し、家族と一緒にまた頑張れるということでした。